CIRCULATION CLUB 始動!

一覧に戻る
2020年8月12日 10:12

エコランドは、皆さまの「いらないモノ」をお預かりさせていただき、リユース販売を通じ「誰かのほしいにつなげる」ことで我々がビジョンに掲げる「いらない世界を変える」ことを目指して参りました。

お預かりした商品は、できる限りまた使っていただける誰かの元へ届くよう努めておりますが、リユース先が見つからずどうしても再利用することができなかった商品もございます。

再利用をすることができなかった商品を、木材は木材、鉄は鉄のように商品を素材ごとに分解しリサイクルをしていくだけではなく、私たち自身がそのモノを見る視点を変えることで新たな価値を見出せるような取り組みをできないかと模索・検討しておりました。

そこで今回、株式会社まちづクリエイティブ様にお力添えいただき、不用になったものが新たな価値を生むような循環をつくるプロジェクト「CIRCULATION CLUB」を立ち上げることになりました。

CIRCULATION CLUBでは、商品をつくり販売するのではなく、再利用ができなかった家具などの廃材を活用したプログラム開発を行っていきます。第一弾の取り組みとして「廃木材から楽器を作るプログラム」を開発しました。

このプログラムでは、再利用することができなかった和ダンスの引き出しや木製の小箱を利用して「バネカホン」というオリジナルの楽器を作り、ワークショップにご参加いただく皆様と一緒に合奏を行います。

思い出の詰まった和ダンスなどの木製家具が、楽器に生まれ変わり、別の方の元で愛情が注がれ、新たなモノとしての人生を歩み、新しい思い出が刻まれていきます。

第一弾の取り組み「廃木材から楽器を作るプログラム」が開発されるまでの詳しい経緯はこちらのレポートをご覧ください。

📝フェーズ①CIRCULATION CLUBのはじまり
📝フェーズ②バネカホンを作ろう!トライアルWS

※このワークショップは、2020年4月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により開催時期は未定です。

さらに詳しいCIRCULATION CLUBの発足の経緯やCIRCULATION CLUBの前身となった「Re-arise」について、まちづクリエイティブ様が運営されるウェブメディア「M.E.A.R.L」で特集していただきました。詳しい経緯については是非、こちらの記事をご覧ください。

📝「いらない」世界を変える──株式会社エコランドに根付くエコ精神のはじまりを辿る

📝廃材に新たな価値を見出す「CIRCULATION CLUB」が生まれるまで

新たな生活様式が求められている今、ワークショップなどの対面式イベントの開催は見通しが立ちづらい状況です。

CIRCULATION CLUBのコンセプト「不用になったものに新しい時間を宿す」や「視点を変えることで新しい価値を見つける」を、対面式イベントだけではなく、別の様式でも皆様に体験していただけるように準備中です。どうぞ楽しみにお待ちください。