• STEP1
  • STEP2

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください
ご希望の連絡方法をお選びください。

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

エレクトーンを処分・廃棄する前にエコ回収

長年愛用していたエレクトーン。子供たちがもう弾かなくなってしまったエレクトーン。たくさんの思い入れがあってなかなか処分できないお品物ですね。また、処分しようにも自治体の粗大ごみでは引き取ってもらえないことが多く、どう処分していいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
エレクトーンは処分せず、エコランドの「エコ回収」のご利用はいかがでしょうか。エコ回収は使わなくなったモノの再使用を目的としたリユース代行サービスで、次に使ってくれる方を探すサービスです。リユースが成功すると販売額の10%をキャッシュバックするか寄付するかをお選びいただけます。エコランドは海外への輸出も行っているので、多くの場合は新しい持ち主の手に渡り、大事に使ってもらえます。もちろん、プロのスタッフがスピーディかつ安全にお部屋の中からエレクトーンを運び出します。メール/お電話ですぐにお見積を致しますので、ぜひ一度処分の前にご検討ください。

お客様の声

エレクトーンのエコ回収

引越後の家にエレクトーンを置くスペースがなく困っていました。まだまだ使える物でしたので捨ててしまうにはもったいないのもあり、不用品回収の前にエコ回収と思いつきました。

エコランドさんにエコ回収をお願いしたところ、とても親切に迅速に対応して下さり説明も分かりやすく、あっという間にエコ回収して下さいました。不用品だと思っていたエレクトーンが実は不用品ではなく、その後誰かに使って頂けると思うと、とても嬉しく感じました。

エレクトーンをエコランドで

エレクトーンを使わなくなったので、買取か有料回収をしてもらえないかと、なにげにインターネットを見ていたらエコ回収を知って不用品回収の前にエコランドに連絡してみました。

対応もとても丁寧で、簡単見積も出来、引き取り予約状況も常に掲載されているのでサイトも見やすく、引き取り時間も夜遅くまでしているのでとてもたすかりました。今までに無い新しいサービス方法で斬新な感じがしました。早割りを利用したので基本料金も安くなり良かったです。

エコランドによるエレクトーン引き取り

私はエレクトーンをエコランドに引き取っていただきました。不用品というよりもまだ使えるものだったので、「不用品回収の前にエコ回収」というアイデアを持つ会社に出会えて良かったです。問い合せてからのアクションが早かったのもポイントですが、スタッフの方が気さくでわかりやすく説明してくれたのも良かったです。
不用品回収よりもエコ回収の方が良いと思うので、また利用させていただきます。

エレクトーンのエコ回収体験談

子どもが使っていたエレクトーンが買取はしてもらえず処分するにも大変で、ずっと家にあったのですが、オークションで落札されればお金になることにも魅力を感じて、ついに不用品回収ではなくエコ回収を依頼をしました。

集荷に来てくれたスタッフさんは、リユース代行サービスやその流れについて丁寧に説明をしてくれて、エレクトーンを運ぶ際に家を傷つけないように運んでくれました。その気配りにとても感心して、いい会社という印象を受けました。

エレクトーンの正しい捨て方・処分方法とは?費用はどれくらい必要?

エレクトーンなどの電子オルガンは大型家電の一種として扱われます。粗大ごみに出せるのかどうかなど、正しい処分方法がわからず悩んでいることもあるでしょう。

子どもが小さいときにエレクトーンを習っていて、自宅練習のために買ったけれど、その娘ももう家を出ていて放置されたまま…。そのままにしておいても誰も弾かないから処分したい!というご家庭もあるのでは?

いらなくなったエレクトーンの正しい処分方法は、①粗大ごみに出す、②買い取ってもらう、③知人や友人に譲る、④小売店に引き取ってもらう、の4つがあります。

エレクトーンの正しい処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

エレクトーンの種類や状態で処分方法はかわる?

エレクトーンは、種類や状態で処分方法が異なってきます。

基本的には、演奏ができる状態のエレクトーンは、楽器専門の買取業者に依頼し、売却による処分を選ぶようにしましょう。演奏ができなくなっているエレクトーンは廃棄処分を検討します。

ただし、動くものであってもエレクトーンの種類によっては買い取ってもらえないものもあります。

エレクトーンの処分方法4つ

エレクトーンの処分方法は、4つあります。エレクトーンの種類や状態によって異なりますので、しっかりと確認して、正しい処分方法を選びましょう。

自治体の粗大ごみで処分する

粗大ごみで出すことができれば、比較的費用を抑えて処分することができます。ただし、指定の場所や日時に自分で運び出しておく必要があるため、運び出しを自分で行えない場合は、他の方法を検討しましょう。

また、エレクトーンは電源が必要な楽器なので、大型家電の一種とされています。地域によっては自治体の処理能力を超える処理困難物とされ、自治体によっては粗大ごみとしての処分を受け付けていないこともあります。事前にお住まいの市区町村の公式ホームページでルールを確認しておきましょう。

また、自分で解体をして、不燃ごみや可燃ごみとして処分することもできないので注意が必要です。

状態が良いならば、買い取ってもらう

エレクトーンがまだ使える状態で、年式が新しくUSB対応のものならば買い取ってもらえる可能性が高いです。

エレクトーンなど楽器を中心に買い取っているリサイクルショップや買取専門店に依頼をしてみましょう。買取専門業者によっては、無料で出張見積もりしてくれたり、写真などを使ってネット上で見積もりができたりする業者もいます。

また買取や下取りサービスを行っているメーカーもありますので、メーカーに問い合わせてみましょう。

買い取ってもらうならば、事前に型番や製造年を調べ、使用頻度をチェックしておくと、査定の手続きがスムーズです。

買取による処分ならば、処分費用が不要になりますし、買取金額をもらうこともできます。

友人や知人に譲る

思い出のつまったエレクトーンならば、大切にしてくれる人に使ってもらいたいはず。そのような場合は、欲しがっている友人や知人に譲ると良いでしょう。

ただし、自家用のトラックなどで運べるなら別ですが、一般的には配送料がかなりかかります。エレクトーンは精密な電子部品によってできていますから、楽器配送対応の専門業者に頼んだ方が無難です。

エレクトーンを置いている場所が集合住宅の2階以上なら、その分の搬出手数料がかかる可能性もあります。また、譲る友人の部屋の扉を通り抜けられない可能性もあるので、事前に譲りたいエレクトーンのサイズを知らせておきましょう。そして、置くスペースがあるか、玄関を通るか、といったことを確かめておく必要があります。

小売店に引き取ってもらう

電器店や家電量販店など、エレクトーンなどの電子オルガンを販売している小売店に引き取ってもらうことも一つの手段です。

引き取りの方法は、店舗への持ち込みか、自宅まで出張で来てもらうかになります。まずはお近くの小売店に問い合わせ、利用方法を確認しましょう。ただし、店舗によってはそういったサービスを行っていない場合がありますので注意が必要です。

処分・回収前にやっておきたいこと

処分・回収前にやっておきたいこととしては、売却処分する場合でも、友人に譲る場合であっても、まずは搬出方法を確認しておくことです。

家具などが多い場合や2階以上の高層階から運び出す必要があるならば、エレクトーンを解体したり、クレーンを使って運び出したりしないとならないこともあります。

事前にエレクトーンの設置してある場所を説明し、運び出してもらえるのか、追加費用がかかるのかを確認しましょう。

売却による処分を検討しているならば、保証書があると高額売却が期待できるので、あるかを確認しましょう。さらに、ヘッドホンといった付属品もあるとより良いです。

また、エレクトーンの傷や汚れによって価格が変わるので、手入れもきちんとしておいてください。

おわりに:エレクトーンは状態をしっかり確認してから処分しよう

エレクトーンは、使えるものならば買取や知人に譲るといった方法で処分できます。

使えないものは、廃棄処分ということになります。粗大ごみや小売店などに依頼して、正しく処分しましょう。

また、売却するならば付属品の確認をしたり、搬出経路を確認しておくのが大切です。

家具や家電を集荷してほしい!

大きなモノの解体から運び出しをまとめてお任せしたい時など。

お見積り例
急ぎで集荷をお願いしたい!

訪問見積なしで素早く見積と集荷予約を完了させたい時など。

お見積り例
1点だけ集荷をお願いしたい!

新しく家具を購入し、古いモノと入れ替えをしたい時など。

お見積り例