• STEP1
  • STEP2

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください
ご希望の連絡方法をお選びください。

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

ソファを処分・廃棄する前にエコ回収

引越や買い替えで不用になるソファの処分方法は、自治体の粗大ごみ回収を依頼する、引越会社に処分してもらう、不用品回収業者に引取りにきてもらう、など処分方法はたくさんあります。自治体の粗大ごみ回収が一番低予算で処分できることが多いですが、大きなソファを外まで運び出せない、希望通りの日程に来てもらえない、などお困りの方も多いのではないでしょうか。
エコランドの「エコ回収」は大きなソファもプロの集荷スタッフがお部屋の中からの運び出しから行います。また、エコ回収は使わなくなったソファを処分するのではなくネットオークション・国内専門業者販売・海外輸出のいずれかの方法でリユース販売をいたします。もしリユースが成功した場合、販売額の10%をお客様にキャッシュバックするか寄付をするか、ご選択いただけます。集荷にかかる費用も事前にお電話かメールでご案内できますので安心してご依頼頂けます。使わなくなったソファは処分の前にまずエコ回収をご検討ください。

お客様の声

ソファの買い替え時にエコ回収してもらいました

ソファを買い替える際に古いソファを手放す方法に悩んでいた所、ネットでエコランドを見つけてまず電話で問い合わせてみました。その時に対応してくれたスタッフの方の説明がわかりやすく、買取が難しくても不用品として捨てるのではなく、また誰かに使ってもらえるので、エコで良いなと思いお願いしました。

スタッフが来てくれた時も親切で、長年愛用したソファだけに丁寧に扱ってもらえて嬉しかったです。大型家具などの引取業者を探している人は、不用品回収の前にエコ回収のエコランドに一度問い合わせることをお勧めします。

ソファのリユース体験

引っ越し先の部屋ではソファは幅を取ってしまう為に手放さなくてはいけなくなってしまいました。良好な状態でしたので、不用品回収の前にエコ回収をしているエコランドを利用して少しでも引っ越し費用の足しになればと思い利用しました。

残念ながら買取対象ではありませんでしたが、リユースが成功したようでキャッシュバックを受けることができました。こういったサービスは初めてで不安がありましたが、電話対応のスタッフさんのフォローがとても丁寧でわかりやすく、スムーズに利用することができました。

ソファを買取してもらいました

部屋の事情でソファを置けなくなり、どうしようかと悩んでいました。

まだまだきれいで使えるので不用品として不用品回収に出すのはもったいないと思い、買い取ってもらおうと買取業者を探していたら、たまたまこのエコランドを見つけました。エコには前から興味があったし、会社の考え方に共感できたので、今回はここで買取してもらうことにしました。一点からでも引取ってもらえるので助かります。

大物処分を迷っている人は、不用品回収の前にエコ回収の利用を考えるのもいいと思います。

ソファを不用品回収の前にエコ回収

ソファをエコランドにエコ回収していただきました。

スタッフの親切な対応に好感を持てたので、最初は不安だった私も安心してお任せすることができ、新たな持ち主に使ってもらえることを心から願うことができました。買取してもらえるほど新しくはありませんでしたが、まだ十分使えるので不用品回収に出すにはもったいないと思っていて、環境にやさしいことをしたのかなと思うと心が温かくなります。きっとソファも喜んでいることでしょう。また何か使えるものがでてきたら、迷わずこちらにお願いしたいです。

大型だから捨てにくい…!ソファの捨て方や正しい処分の方法とは?

ソファはリビングのある家ならば置いてあることも多いはず。しかし、大型の家具であるソファはどのように処分すればいいのか悩んでいる人も多いでしょう。

ソファには、「絶対にこのように処分すること」といった取り決めがありません。ですから、いくつか存在する処分方法の中から、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

ソファの処分方法は、①分解して自治体のごみ収集に出す、②粗大ごみとして処分する、③新しいソファを購入する店舗で引き取ってもらう、④リユース業者やリサイクルショップに売却、の4つがあります。

詳しく確認していきましょう。

ソファの処分方法3つ

それぞれの方法の概要とメリットデメリットを確認していきましょう。

分解して自治体のごみ収集に出す

ソファはそのままでは自治体のごみ収集に出すことはできません。自治体ごとに異なりますが、基本的に長さが30㎝以上のごみは粗大ごみとして出すように決められています。

ですから、30㎝以上の大きさがあるソファを自治体のごみ収集に出すならば、小さく切断し分解する必要があります。

加えて、ソファはコイルスプリングといった金属素材も使われています。ですから、素材ごとに分類し、可燃ごみ・不可燃ごみに分けなくてはなりません。

ただし、この方法は工具も必要ですし、部屋が散らかったりして手間がかかります。ですので、小型のソファなら良いかもしれませんが、大型のソファにはおすすめできません。

  • メリット:無料で廃棄できる
  • デメリット:手間がかかる

粗大ごみとして処分する

お金はかかりますが、粗大ごみとして自治体に引き取ってもらうのが最も一般的な処分手段といえるでしょう。

自治体にインターネットや電話で申し込みをして、ソファを回収してもらう日を決めます。その後、ソファの処分費用として「有料ごみ処理券」を購入します。「有料ごみ処理券」はコンビニなどでも購入できます。

有料ごみ処理券はシールになっていますので、ソファの目立つ場所に貼りつけて、申込の際に決めた「収集日・時間」に「指定収集場所」にソファを出しておきます。

ただし、粗大ごみとして処分する場合、ソファを回収場所まで自分で運ばなくてはなりませんし、回収日が希望の日になるとも限らないので、その点は注意しておきましょう。

  • メリット:手続きが簡単
  • デメリット:自分で回収場所に運ぶ必要がある

新しいソファを購入する店舗で引き取ってもらう

古くなったソファを処分して新しいソファに買い替える予定の場合、新しいソファを購入する店舗で古いソファを引き取ってもらえることもあります。新しいソファの配送と古いソファの処分を一度に済ますことができるので手間がかかりません。ただし、店舗によっては、そもそもそういったサービスを行っていないこともあるので事前に確認しておきましょう。

  • メリット:新旧ソファの入れ替えがスムーズ
  • デメリット:購入する店舗によっては下取りサービスがない

まだ使えるソファの処分方法

まだ使えるソファは、リユース業者やリサイクルショップなどで買い取ってもらえる可能性があります。

ソファは数年使用すると座面がへたったり、日焼けしやすいので、有名ブランドのもので状態が良い場合は高く買い取ってもらえる可能性があります。

買取査定は基本的に無料してもらえますので、とりあえず査定してもらうのもおすすめです。

処分にかかる費用は?

ソファは分解して、自治体のごみの日に出せば無料で処分できます。ただし、大型のものの場合は、分解するのが難しいこともあるでしょう。このような場合は、自治体の粗大ごみで有料で処分することになります。

粗大ごみの場合は、料金は大きさによって異なりますが数百円~2千円程度の自治体が多いようです。※2m超えの大型のものだと粗大ゴミとして出せない場合があるので注意しましょう。

基本的にソファを廃棄しようとすると、お金がかかることを知っておきましょう。

状態の良いものならば、リユース業者や買取専門店に売却できる可能性があるので処分費用がかからないこともあります。新品価格が3万円以上のソファの場合、0円買取で、お金を使わずに処分できたケースもあるようです。

ただし「他に回収品がある場合のみ0円買取可能」など、条件がある場合があります。

またエリアが対応しているか、時間帯の指定をするか、建物の状況(エレベータの有無など)によっても金額が変わります。ですので、まずは業者に査定依頼しておきましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

処分・回収前にやっておくべきことは、回収する日時や搬出経路を確保しておくことです。

まず、粗大ごみとして処分するにせよリユース業者に依頼するにせよ、希望の日時を伝えて、日程調整をする必要が出てきます。カレンダーを確認して、いつならば都合が良いかを決めておきましょう。

加えて、ソファは大きな家具です。ですから、ドアなどをきちんと通り抜けられるか、他の家具が邪魔で動かせないということはないか、といった点を確認して搬出経路を確保するようにしておきましょう。

おわりに:処分方法を比較して適切にソファを廃棄しよう。

ソファには、「絶対にこうしないといけない」といった処分方法やルールは存在しません。分解して自治体のごみの日に出したり、業者に依頼したりして処分しましょう。

ただし、処分方法によって費用は異なりますし、自分で運び出せない場合は粗大ごみとして処分することはできません。また、状態の良いソファならば買い取ってもらえる可能性も高いので、業者に相談してみましょう。

家具や家電を集荷してほしい!

大きなモノの解体から運び出しをまとめてお任せしたい時など。

お見積り例
急ぎで集荷をお願いしたい!

訪問見積なしで素早く見積と集荷予約を完了させたい時など。

お見積り例
1点だけ集荷をお願いしたい!

新しく家具を購入し、古いモノと入れ替えをしたい時など。

お見積り例