• STEP1
  • STEP2

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください
ご希望の連絡方法をお選びください。

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

タイヤを処分・廃棄する前にエコ回収

車を持っている方ならノーマルタイヤとスタッドレスタイヤを保有し、それぞれのシーズンが始まるころにタイヤ交換をするのが一般的です。タイヤは寿命や車の買い替えによって、不要になることが良くあるもので、一般の不燃ゴミや粗大ゴミに出すことができない品物です。処分する際は不用品回収業者やカー用品店、車を購入した販売店、ガソリンスタンドなどに依頼して処分しなければなりません。その際、タイヤの状態によっては処分費用がかかるケースがあります。
そんなタイヤの処分をご検討の方は、一度、再利用を目的としたエコランドの「エコ回収」の利用を検討してみませんか?エコ回収はお預かりしたタイヤをネットオークション、海外輸出、国内の専門業者へリユース販売をします。取引が成立した際にはその10%をキャッシュバック(※要手続き)or寄付をお選びいただくことができ、お引き取りの際にはお客様の手を煩わせず、スタッフが丁寧に運び出します。メールや電話での見積りにも対応しているので、お気軽にお声がけください。

お客様の声

タイヤの処分で困っていたら、エコランドを発見

車を買い替えたので、昔のスタッドレスタイヤが使用できなくなり、処分することにしましたが、市役所では引き取っていないようだったのでいろいろな不用品回収業者を探していたところ、インターネットでエコランドを発見しました。
さっそく電話してみると、丁寧な応対をするスタッフが、事前におおよその料金を教えてくれました。処分せずにオークションに出品してリユースするという考え方にも共感し、さっそく、エコランドにエコ回収してもらうことにしました。当日来てくれたスタッフの対応もとても礼儀正しく好感が持てました。これからも、不用品が出たらエコランドを利用しようと思います。

不用品にまつわること

タイヤの処分に困っているときに、エコ回収のことを知りました。私の友達も以前に家財道具のエコ回収を利用したことがあるといっていましたので、なんとなく頼みやすい気もしていました。実際に頼んでみると、電話の段階で、料金が明示されていて、安心しました。とかく、不用品を扱う会社は怪しいというイメージを思いがちですが、決してそんなことはないと改めて思いました。
実際に作業をしてもらったときも、みんな丁寧に対応してくれて、手際も良かったです。

不用品タイヤのエコ回収で念願のリユースが叶った

不用品となってしまったタイヤをいつまでも我が家の敷地に置いておく訳にもいかず、処分しようかと思いましたが、まだそんなに使っていないタイヤだったので、なんとかリユースしてもらえないかと色々調べてみました。
エコランドがエコ回収を行ってくれると知り、早速回収をお願いすることにしました。不用品回収業者は不信感があったのですが、エコ回収を行っているエコランドなら安心して任せられると思ったからです。
お陰様で、無事リユースが成功したようで、念願のリユースの希望が叶い、おまけに少しキャッシュバックもあったので感激しました。

タイヤの捨て方・処分方法とは?費用はどれくらい必要?

タイヤは「適正処理困難物」に指定されていて、基本的に粗大ごみとして出すことができません。

そのため、処分方法に悩んでいる方も多いでしょう。いらなくなったタイヤの正しい処分方法は、①カー用品店に頼む②ガソリンスタンドに頼む③車を購入した販売店に頼む④中古タイヤ販売業者やリユース業者に買い取ってもらう、の4つがあります。

タイヤの正しい処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

タイヤの処分方法4つ

いらなくなったタイヤの処分方法としては、以下の4つがあります。

カー用品店に頼む

自動車用品を販売しているカー用品店では、不要になったタイヤの引き取りも行っています。カー用品店が処分を依頼している業者の都合などによって、価格が変動することもありますが、1本数百円程度で処分してもらえるようです。店舗によっては、自分でタイヤを持ち込んだ場合と、店舗側でホイールからタイヤを外す工程が必要な場合だと、それぞれ金額が変わるようです。

また、カー用品店でタイヤを新しくするならば交換のタイミングで頼むと無料で処分してもらえることもありますし、運ぶのも簡単ですからおすすめです。

ガソリンスタンドに頼む

ガソリンスタンドは、給油先というイメージが強いですが、パンクしたタイヤの交換や不要タイヤの引き取りなども行っています。いつも給油している行きつけのスタンドがあるならば、そこで依頼してもよいでしょう。

ただし、手数料は各店によって異なりますので、いきなり回収をお願いするのではなく、事前に料金などを確認しておいてください。

車を購入した販売店に頼む

車を購入した販売店に、タイヤのことも相談することができます。ただし、販売店によって費用は異なりますので、しっかりと確認しておきましょう。

また、販売店でタイヤを交換してもらうならば、そのときに、引き換えで廃タイヤを処分してもらってもよいでしょう。

中古タイヤ販売業者やリユース業者に買い取ってもらう

処分したいタイヤが、状態がよいならば、中古タイヤ販売業者やリユース業者に買い取ってもらえる可能性があります。

お住まいの地域に、買い取ってくれる業者がないかを確認しましょう。周囲に買い取ってくれる業者がなくとも、インターネットで受付をしている業者ならば、出張買取をしてくれることもあるので、検討してみましょう。

タイヤの大きさや種類で処分方法はかわる?

タイヤの大きさや種類によって処分方法は変わりません。自身にとって、一番楽な方法で処分をするようにしましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

タイヤを捨てるならば、処分・回収前にやっておくことはありません。しかし、タイヤを買い取ってもらいたいと考えているならば、以下の方法でタイヤを保存しておくようにしましょう。

  • 泥や汚れが多いならばゴムが劣化するので、入念に洗う
  • 洗ったあとはビニール袋でしっかりと包む
  • ホイールがついているものは横にして重ね、ついていないものは縦積みで保管する
  • 日光が当たらない場所で保存する

また、ひび割れなどのあるタイヤは、買い取ってもらえない可能性もあります。査定を依頼する前に、コンディションをあらためてチェックしておきましょう。

おわりに:タイヤは適切な方法で処分しよう

タイヤは粗大ごみとして処分することができません。タイヤの処分方法としては、①カー用品店に頼む②ガソリンスタンドに頼む③車を購入した販売店に頼む④中古タイヤ販売業者やリユース業者に買い取ってもらう、の4つがあります。

どのような種類のタイヤでも、同様に処分をすることが可能です。ですから、自分にとって都合がよい方法で処分するようにしてください。

また、リサイクルするならば、劣化しないように保存するようにしましょう。

家具や家電を集荷してほしい!

大きなモノの解体から運び出しをまとめてお任せしたい時など。

お見積り例
急ぎで集荷をお願いしたい!

訪問見積なしで素早く見積と集荷予約を完了させたい時など。

お見積り例
1点だけ集荷をお願いしたい!

新しく家具を購入し、古いモノと入れ替えをしたい時など。

お見積り例