• STEP1
  • STEP2

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください
ご希望の連絡方法をお選びください。

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

ワードローブの処分・廃棄を考えているならエコ回収

部屋にワードローブがあるとさまざまなものを収納できて便利ですが、引っ越しや家の建て替えの際にはどうしても処分しなければならないケースが出てきます。個人で購入できるワードローブのほとんどは組立式ですが、処分する場合は可燃ゴミにできない大きなサイズとなることが多いです。大きなパーツを切断するのも大変な作業となるので有料の粗大ゴミに出す方もいますが、手間をかけずに処分できないかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなワードローブの処分にお困りの方は、再利用を目的としたエコランドの「エコ回収」の利用を検討してみてください。
お預かりした品物はリユース販売を通じて誰かのほしいに繋げ、第二の人生をサポート。エコ回収は一点からでもご利用いただけ、お電話やメールでの見積りにも対応しています。集荷日時の指定や土日のお引き取りにも対応可能で、スタッフがスピーディーかつ安全に運び出します。手軽でかんたんにちょっといいことができます。ぜひ一度、お問い合わせください。

お客様の声

ワードローブのエコ回収に感謝しています!

新居はワードローブを作りつけにしたので、手持ちの分のリユース方法を検討したのですが、自分で買取先を見つけたり、オークションなどとても無理とあきらめかけていたところ、エコランドのエコ回収できるシステムを知り、即お願いする事にしました。

愛着のあるワードローブでしたので、またどなたかに使っていただければ、とてもうれしいと思いました。不用品にするのではなくこんなに簡単にエコ回収していただき申し訳ないくらいです。ありがとうございました。

先日引越しの際に利用させて頂きました!

先日小さいアパートに引越ししたため、ワードローブの中を整理しようと不用品回収してくれるところを探していて、サイトからエコランドを見つけました。衣服以外にもソファやベッドなどの大型家具なども対応していただけるということで、あまり使わないものや使えなくなったものを買取とエコ回収していただきました。

取り引きもスムーズで、丁寧な対応だったのでまた利用したいと思います。来月引越しをする予定の友達にも勧めています。不用品回収を考えている人は、ぜひ不用品回収の前にエコ回収を検討するべきだと思います。

不用品回収の前にエコ回収のエコランド

先日引っ越しをした際、今まで使用していたワードローブがいらなくなってしまいました。そこで、エコランドを利用させていただきました。基本的には、引き取りしてもらったものをオークションに出品したり、海外に輸出して、もし販売が成功すればキャッシュバックとなる流れですが、物によっては買取もしてもらえるようです。

スタッフの方の説明もわかりやすく、対応がとても丁寧でした。いらなくなったものがまだ使えるものなら不用品として処分されず、このように再利用される仕組みが良いですね。

不要なワードローブの処分方法と種類別の捨て方を解説

ワードローブは、衣装をたくさん収納できて便利ではありますが、使わなくなったら、大きすぎてどのように処分したらいいのかわからない方も多いでしょう。ワードローブの処分方法は以下の3つです。

  • 解体して粗大ごみとして処分する
  • 家具販売店で引き取ってもらう
  • リユース業者に買取依頼する

ワードローブは大きな家具ですが、構造自体は単純なので自分で解体して処分できます。自分で解体するのが難しくとも、家具販売店やリユース業者を利用すればそのままの状態でも処分してもらえます。3つの処分方法を確認していきましょう。

ワードローブの大きさや種類で処分方法はかわる?

ワードローブの大きさや種類で処分方法は少しずつ変わってきます。ワードローブの大きさや種類ごとの処分方法をまとめると以下の通りです。

  • 組立式のワードローブは解体して粗大ごみに出す
  • リユース業者に買取依頼する
  • ワードローブを購入した店舗で下取り回収してもらえる場合もある
  • 新しいワードローブを購入するならばその店舗で引き取ってもらえることもある

リユースができるものや自分では動かしにくいものはリユース業者に買い取ってもらうようにすると良いでしょう。

さらに、新しいものを購入するならば、搬入と同時に古いワードローブを引き取ってもらえる家具販売店などもあるようです。

ワードローブの処分方法3つ

ワードローブの処分方法3つを詳しく確認していきましょう。

解体して粗大ごみとして処分する

ワードローブは、天板・下板・収納部分・棹の4つをビスやボルトで連結させているだけです。ビスやボルトを外していくだけで、簡単にばらばらにすることができます。

ただし、分解の手順を間違えると、バランスが悪くなり倒れる可能性もあります。扉→内部の収納→天板→側面の順番で外していくようにしましょう。 解体方法は動画で紹介されていることも多いので確認してみてください。

解体ができたら、市役所に問い合わせて、ワードローブのサイズなどを知らせ、粗大ごみ処理券がいくら分必要かを教えてもらいましょう。自治体によって異なりますが、ワードローブ一個の粗大ごみ処理券は数百円~数千円になることが多いようです。

粗大ごみ処理券を購入したら、指定日時に回収場所にワードローブを搬出します。

家具販売店で下取り回収してもらう

家具販売店の中には、不要になった家具の下取りサービスを行っている場合があります。ワードローブを購入した家具販売店が下取りサービスをしていないかを確認してみましょう。新しい家具の搬入と処分を同時に行ってもらえるのでおすすめの方法です。

ただし、回収・処分サービスを行っている家具販売店は限られているので、事前に対応しているか確認した上で依頼するようにしましょう。

リユース業者で買い取ってもらう

リユースができるワードローブの場合は、リユース業者に依頼をして買い取ってもらう方法を検討しましょう。

査定は無料で依頼できるので、まずは問い合わせてみましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

ワードローブの処分・回収前にしておきたいことは3つあります。

  • サイズの確認
  • 買取依頼をするならばできる範囲で掃除をする
  • 中身が空っぽになっているかの確認

リユース業者に買取をしてもらう場合も、粗大ごみとして処分する場合も、ワードローブの大きさによって査定額や処分費用は変わってきます。問い合わせの際に尋ねられますので、前もってサイズを測っておくようにしましょう。

さらに、リユース業者に買い取ってもらう場合、劣化具合によって査定額は変わってきます。埃をきちんと取って、できる限りきれいに掃除をしておきましょう。

また、ワードローブを処分したのちに「貴重品を取り出すのを忘れていた!」という事態を避けるためにも、中身が空になっているかを確認しておくのも大切です。

おわりに:ワードローブは基本的に粗大ごみとして処分できる

ワードローブは壁一面に広がる大きな家具です。その大きさゆえに処分方法に迷ってしまいがちですが、構造自体は単純なので、自分で解体して分解してしまうこともできます。分解して部屋から出して粗大ごみとして処分するようにしましょう。

また、リユースが可能なワードローブは、リユース業者に買い取ってもらえる可能性もありますし、家具販売店で下取り回収してもらえる場合もあります。

もしも分解が難しいならば、リユース業者への売却や家具販売店での引き取りを考えてみましょう。

家具や家電を集荷してほしい!

大きなモノの解体から運び出しをまとめてお任せしたい時など。

お見積り例
急ぎで集荷をお願いしたい!

訪問見積なしで素早く見積と集荷予約を完了させたい時など。

お見積り例
1点だけ集荷をお願いしたい!

新しく家具を購入し、古いモノと入れ替えをしたい時など。

お見積り例