• STEP1
    • STEP2

    不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

    不用品の点数についてお選びください。

    集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

    郵便番号をご入力ください

    お名前をカナで教えてください。

    お名前をカナでご入力ください

    次へ

    ご連絡先を教えてください。

    メールアドレス

    メールアドレスをご入力ください
    ※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

    お電話番号

    お電話番号をご入力ください

    お電話が繋がりやすい時間帯

    お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
    ※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

    最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

    テキストに全角かなを含めてください。

    ←戻る

    収納の処分・廃棄を考えているならエコ回収

    衣装ケースなどを始めとする収納は比較的長く使うことが多いですが、古くなると劣化が進んでもろくなり、破損のリスクが高くなります。収納類を処分するときは大きさにより粗大ゴミになるケースが多く、その際には事前に申し込みを済ませ、粗大ごみ処理券を取扱店で購入し、指定された日時と場所に自ら持っていかなければなりませんし、また使えるようなものを粗大ごみで処分してしまうのがもったいないと思われる方もいらっしゃると思います。そんな方は、再利用を目的としたエコランドの「エコ回収」の利用を検討してみてください。
    エコ回収は、一点からでもご利用可能で、お預かりした品物は海外へリユース販売するか、ネットオークション出品するか、国内の専門業者へリユース販売いたします。取引が成立した際には販売成功額の10%をお客様にお返しするか寄付するかをお選びいただけます。お見積りは電話やメールから無料ででき、集荷日時はご指定も可能です。ご自宅まで専門スタッフがお伺いし、スピーディーかつ丁寧に運び出します。この機会にぜひ、エコ回収を利用してみませんか。

    お客様の声

    エコランドのエコ回収のメリット

    私の自宅には、長年使わなくなった収納が置いてあったので、エコランドのエコ回収サービスを依頼することにしました。

    私は、エコ回収が不用品回収ではなく再利用のために引き取るサービスだということについて、エコランドのスタッフの方から有意義な説明を受けることができたため、何の迷いもなかったことを覚えています。

    そして、エコランドのオークションでは、私の収納が少額ではありましたが落札されたため、少しばかりキャッシュバックを受けることができました。

    エコ回収でエコ回収してもらおう

    中古物件を購入したときに、以前の方が置いて行った収納家具がいくつか使わないものがあり、どうしたものかと思った時不用品回収を考えましたが、お金がかかりますので何か手がないかと思いました。調べたところ不用品買取とエコ回収をしているエコランドがヒットして利用することにしました。

    結局買取にはならず、エコ回収してもらいましたが、以前の方が使っていたものは、ブランド品だったのでオークションで予想よりも良い金額で落札していただくことが出来ました。大型になればなるほど一人でオークションに出すのも大変ですし、こういったサービスはありがたいです。

    大きな箪笥が売れました!

    古くなって使わなくなった収納箪笥をエコランドでオークションに出しました!

    とても大きな箪笥だったので引き取り手がいるのか不安だったのですが、日本製の非常に有名なブランドだったようで落札されてよかったです。

    これもスタッフさんが丁寧に対応してくださったおかげです!ありがとうございます!

    一回の相談で結構お金がかかるので不安でしたが、ここまで大きなものだと不用品として処分してもどっちみちたくさんのお金がかかるので結果的に良かったです!これからは不用品回収の前にエコ回収を心がけたいと思います!

    不用品収納買取を考えたらエコランドの不用品回収の前にエコ回収がおすすめ

    今まで使っていた収納家具を新しいものに買い換えることになり、今までのを処分することになりました。でも不用品買取に依頼しても買取はできないとのことでとても残念に思っていたところエコランドなら不用品をゴミにするのではなく、価値あるものとして再利用しているとおすすめされました。

    エコオクで出品もされることになって、また再利用されるそうでムダにならなくて良かったです。これからも不用品回収の前にエコ回収をしてまだまだ使える家具を有効に使ってもらいたいです。

    収納家具やケースの捨て方や廃棄・処分方法とは?買取・引取・回収の方法も解説

    収納は、引っ越しや不用品処分によっていらなくなることが多いです。もう着ない洋服がたくさんあって、整理したら収納スペースがあいてしまい収納が不要になってしまったというケースもあります。

    不要になった収納の処分方法は2通りあります。

    • 粗大ごみとして処分する
    • リユース業者やリサイクルショップで売却する

    上記の中からやりやすい方法で処分しましょう。ただし、素材によってはより適切な処分方法がありますので、詳しく確認していきましょう。

    収納の処分方法2つ

    収納の正しい処分方法は、①粗大ごみとして処分する、②リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらうの2つです。それぞれの方法のポイントを確認していきましょう。

    基本は、粗大ごみとして処分する

    ほとんどの収納は粗大ごみとして処分できます。収納を粗大ごみとして出す場合のポイントは4つです。

    • ほとんどの収納は粗大ごみとして処分可能
    • 破損が激しいものや小さいものは普通ごみとして処分可能なこともある
    • 大きすぎる収納は粗大ごみとして出せないことがある
    • 粗大ごみとして出すときは、解体せずにそのまま出す

    不要になった収納は、粗大ごみとして処分することになります。自治体の規定に従って、粗大ごみ処理券を購入し、既定の期日に所定の場所に出すようにします。粗大ごみ処理券の費用は、200円~300円程度(※自治体によって異なる)になるようです。

    この場合、廃棄する収納はばらばらに解体する必要はありません。自治体によっては何らかの指示があることもありますが、基本的にはそのままの状態で回収してもらえます。詳しくは各自治体のホームページ等でご確認ください。

    ただし、大きすぎる収納は粗大ごみとして回収してもらえないこともあります。具体的には、一辺が180cmを超えるものは粗大ごみとして出せません。自治体の規定を見て、処分したい収納の大きさが粗大ごみの範囲に収まるかを確認しておきましょう。 また、小さい収納や破損が激しくばらばらに小さくできる収納は、可燃ごみ(素材によっては不燃ごみ)として処分することもできます。指定ごみ袋に入れて処分しましょう。

    リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらう

    収納を処分する手段としてリユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらうのも良いでしょう。リユース業者やリサイクルショップに依頼すれば、粗大ごみで処分するよりも比較的早く対応してもらえます。粗大ごみとして回収する場合と比べて、手間や労力がほとんどかからないので処分に時間が使えない場合や、急いで回収してほしい場合はこの方法がおすすめです。

    収納をリユース業者やリサイクルショップで買い取ってもらう際のポイントは2つです。

    • ものによっては買い取ってもらえないこともある
    • 出張サービスや買取宅配サービスのあるショップを選ぶ

    収納は大きいものが大半ですから、自分でリサイクルショップに持ち込むのは大変です。なるべく出張サービスや買取宅配サービスを行っているショップを利用するようにしましょう。

    収納の種類で処分方法はかわる?

    収納の種類で処分方法が変わることはありません。ただし、大きさによっては処分方法が異なります。サイズごとの処分方法は以下の通りです。

    • 一辺が180cm未満・・・粗大ごみ
    • 一辺が180cmを超える・・・リユース業者かリサイクルショップに依頼
    • 指定ごみ袋に入るサイズ・・・普通ごみ

    また、柔らかいプラスチックなどでできている収納ならば、自分で簡単に解体できることもあります。この場合は、指定ごみ袋に入るサイズになるように解体すれば、普通ごみとして処分可能です。

    処分・回収前にやっておきたいこと

    収納を処分・回収する前にやっておきたいこととしては以下の2つがあります。

    • 処分するならサイズの確認を
    • 買取希望の場合は、きれいな状態にしておく

    収納を処分する際には、大きさによって処分方法が変わってきます。メジャーなどで、縦横高さをきちんと測り、自治体の規定ではどうなっているかを調べておきましょう。

    また、リユース業者やリサイクルショップで買い取ってもらうのならば、なるべく状態をきれいにし、付属品などをそろえておきましょう。家電などの価格のつきやすい不用品があるならば、一緒に査定依頼するのもおすすめです。

    おわりに:収納はサイズを測って処分しよう

    整理整頓に便利な収納ですが、経年劣化などで使えなくなると、場所だけを取る不用品になってしまいます。

    収納は、①粗大ごみとして処分する、②リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらうの2つの方法で処分可能ですが、大きすぎるものは粗大ごみとして処分できないなどの注意点があります。 サイズを測り、正しい方法で処分するように心がけましょう。

    家具や家電を集荷してほしい!

    大きなモノの解体から運び出しをまとめてお任せしたい時など。

    お見積り例
    急ぎで集荷をお願いしたい!

    訪問見積なしで素早く見積と集荷予約を完了させたい時など。

    お見積り例
    1点だけ集荷をお願いしたい!

    新しく家具を購入し、古いモノと入れ替えをしたい時など。

    お見積り例